アシナガバチの巣を駆除すべきかどうか考える

業者へ依頼するメリット

蜂

アシナガバチの巣を駆除する時は、刺されると痛みが強いので気をつける必要があります。痛みについてはスズメバチよりも強いとされています。そのため、駆除する場合には事前に防護服や離れた状態から噴射できる殺虫剤などを用意すると良いでしょう。自治体によっては、アシナガバチ駆除は行なわない自治体もあり、自分で退治するか専門会社での依頼を提案しています。依頼する際はネットなどで、専門会社を探してみてはいかがでしょうか。殺虫剤をまんべんなく巣にかけて、翌朝に巣を壊したり、返ってきた蜂を駆除することが必要になるので、危険性を考えると専門会社に依頼をする方が安全です。まず、アシナガバチの巣が近いと、威嚇音がします。山に入ったり、林に入ったりした時に、カチカチと顎を慣らす威嚇音がする時にはすみやかにその場を離れましょう。巣が近い証拠です。警戒範囲がどの程度なのかも音でわかりやすいかと思います。共存するすべもあるようなので、駆除するときは場処によりけりでもあります。また、アシナガバチの巣には臭いにつられて天敵のヒメスズメバチや、死骸を狙ってキイロスズメバチが来ることもあるため、早めに対処をする方が安心です。甘い匂いや香水などで反応することもあるので、近くに行く時には、気をつけることが重要です。ヒメスズメバチやキイロスズメバチなどの害もあるので、巣を見つけたらなるべくは住宅地などでは駆除を優先した方が良いでしょう。

Copyright © 2016 アシナガバチの巣を駆除すべきかどうか考える All Rights Reserved.