正しく行なう必要がある|アシナガバチの巣を駆除すべきかどうか考える

アシナガバチの巣を駆除すべきかどうか考える

正しく行なう必要がある

男性スタッフ

アシナガバチはスズメバチに比べると大人しいと言われています。ですが、外的から巣を守ろうとする性質が強いため、刺激を与えると攻撃されます。アシナガバチはスズメバチよりも強い毒は持っていませんが、痛みが大きくなるので注意が必要なのです。自分で巣を駆除しようと試みる人もいますが、下手に巣に近づいてしまうと刺されてしまいます。正しく駆除を行なうためにも、スキルを持った専門業者へ依頼しましょう。

蜂に刺されることで注意が必要なのは、アナフィラキシーショックです。針で皮膚が刺されることで、痒みが起こったり、炎症したり、いろいろな症状が発生します。軽度のものであれば治療で治りますが、アレルギー反応を起こしてしまうことがあるのです。嘔吐や寒気などの他に、呼吸困難になることもあります。症状がひどい場合は、最悪のケースに発展することもあります。実際に日本では、アナフィラキシーショックが原因で亡くなる人が毎年報告されていますし、決して他人事ではないのです。

アシナガバチの巣を駆除することで、刺される心配もありませんし、アナフィラキシーショックを起こすこともないでしょう。また、アシナガバチを退治した後は、死骸を片付ける必要があります。大量の死骸なら作業に時間もかかりますし、虫嫌いな人にとっては勇気のいる作業でしょう。最近は、アシナガバチの駆除の一環として、片付けまで行なってくれる業者があります。自分で行わずに済むので、虫嫌いの人でも安心です。

Copyright © 2016 アシナガバチの巣を駆除すべきかどうか考える All Rights Reserved.